VRアニメーション『Beat』アバター公式ストア

販売アイテム

『Beat』はVR&3DCGアーティストの伊東ケイスケが監督したVRアニメーションです。
この作品は、2020年に実施された第77回ヴェネチア国際画祭 VR部門「 VENICE VR EXPANDED」にコンペティション作品としてノミネートされました。

【あらすじ】

『Beat』は、体験者の心臓の鼓動によってロボットへ命が吹き込まれ、心を通わせて成長していく物語です。 体験者の”ハート”により命を吹き込まれたマルボロは、もう一体のロボット・カクボロと友達になりたいのに、不器用で関わり方が分からず怒らせてしまいます。 しかし、どうしても友達になりたかったマルボロは、相手を思いやる気持ちを持つことで、一度閉ざされてしまったカクボロの心を開いていきます。

本作では”ハート=鼓動”が物語を動かす「鍵」になっています。
そして、ロボットの成長を通して体験者自身の”ハート”の存在を意識することになります。
※オリジナル作品では、体験者の心臓の鼓動を連携させるHapticsデバイスを利用し、その心臓の鼓動から物語が始まります

■VRアニメーション『Beat』 概要
・作品名:Beat
・製作年:2020年
・製作:株式会社WOWOW/株式会社CinemaLeap
・監督:伊東ケイスケ
・プロデューサー:藤岡寛子(WOWOW)、待場勝利
・鼓動体感技術提供:安藤英由樹(大阪芸術大学)
・作品尺:12分